東京都国立市のパーソナルジム RADIA(ラディア)国立

初心者、低体力者から上級者、アスリートまで。運動効果、レベルアップを達成するプライベートジム!

変わりたい!ベテラントレーナーがあなたのためだけのオンリーワン指導でその願いを叶えます

ホーム ≫ ブログ ≫

ブログ

「行動体力」と「防衛体力」

0000555353.jpg
“体力をつけたい!”。
誰でも願う事ですが、実はこの“体力”とは大きくふたつに分けることが出来ます。
「行動体力」と「防衛体力」。
前者の行動体力とは、筋力が上がったり、短距離走などのタイムが縮まったり、持久力がついたり…、いわゆる運動能力の向上というか、身体活動全般をそう指します。
後者、防衛体力とは風邪をひかなくなったとか病気が治りやすくなったり、疲れづらいカラダになったり…など、いわゆる丈夫なカラダと呼ばれるそれを言います。
筋肉がついて如実に体型に変化が出たり、スポーツパフォーマンスに好影響が出たりなど明確にトレーニングの結果が得られるのは、やはり相応な歳月を要します。
人間そんなにすぐには変化は出来ません。そうした意味では、“そういえば最近疲労の回復が早いかな?”とふとした拍子に実感できるのが防衛体力でトレーニング効果もより早く出ると言えるかも知れません。
「トレーニングを一生懸命頑張っているけど、中々効果が出ない!!「」と感じてるみなさん!、そんな事は無いですよ!着々とその成果は身体に宿っています。
!今頑張っているその積み上げはやがて大きな華を咲かせる事となります。
人間、やっていれば確実にその身体に反応が出ます。これに例外はありません。
今実行しているそのトレーニングが手応えのある内容であれば、絶対に大丈夫です。
自らを信じて進み続けて下さい(笑)!!ラディアは諦める事無くサポートし続けます!!(9/14)


食習慣の見直し

0000564796.jpg
ラディアでは、積極的に食習慣の見直しをおススメしています。
どうしても現代社会においては食習慣は大きく乱れがちですので、これを整えることから、健康、美容、痩身へと繋がってゆきます。
まず大切なのは、食の質。積極的に摂取したい食品群とはいかなるものか?得てして、あまり多くは摂取しない方が良いものをたくさん食べているのが現在の状況では無いでしょうか。
そして食べ方。食べ順や咀嚼が大切です。また、摂取のタイミングも非常に大きく結果に左右します。
詳細は直接個々にお話しをしていますが、実際は理想を言うのは簡単でも、それを改善実行するのは中々出来る事でもありません。
長年続いてきたその食習慣(=生活習慣)はそう簡単には変われませんよね。
ですから現実を見据えて、無理なく自然に変化させてゆく工夫も取り組み方として非常に大切な事となります。
これは自分ひとりではちょっとしんどい事だと思います。
反面、実現不可能なことでも決してありませんので、ぜひ一緒に二人三脚で始めてみませんか。きっと、やってみて良かったという日が訪れます。(9/12)

デッドリフト 身体の柱・脊柱起立筋群

0000517210.jpg
ウェイトトレーニングで所謂「BIG3」といえば、デッドリフト(…と、ベンチとスクワット)。
最も基本的な種目にして効果絶大、そして習熟が割と難しい…。
ラディアではトレーニングレベルに応じて多くの方々にお教えしています。
フォームが定まらなかったり、思った以上にキツかったりと一筋縄ではいかないですが、少しづつ丁寧に身体に覚え込ませて行きます。
練習を重ねる毎に脊柱起立筋群の筋肉痛が顕著になり、手応えも一際感じられます。
背筋がピンと伸びたような、ワンランクアップした感覚でしょうか。
脊柱に沿って生える筋群の集合体がこの脊柱起立筋群なので、姿勢の保持、日常生活動作の向上、基礎的な筋力増加によるスポーツパフォーマンスの向上など、得られる恩恵ははかり知れません!
正しく、安全にデッドリフトを習得するなら、ぜひラディアへお越しください!(9/10)

転倒予防

0000548402.jpg
ご高齢の方々にとって歩行時に転倒することは、それがきっかけとなり大怪我や大事につながりかねない重大な問題です。
これを未然に防ぐためにも、下腿の筋肉をきちんと鍛えて円滑な歩行動作が出来るようにしていかなければなりません。
「トゥレイズ」。これは、前脛骨筋というすねの横にある筋肉を鍛えるエクササイズです。
高齢者の歩行の特徴として、つま先が下がり気味となりつんのめるように地面をすりながら歩く状態。これはつまづきやすく非常に危ない。前脛骨筋の衰えによりつま先がしっかりと上を向いてこないワケですね。
トゥレイズによってしっかりとつま先が上を向き、踵から足裏全体で地面をキャッチ出来るように改善して行けます。
なかなか見落としがちな箇所ですので、高齢の肩だけでなく、あらゆる年代層で有効なエクササイズと言えます。
つま先を上げ下げするだけのシンプルなエクササイズですが、それだけにしっかりとしたやり方を踏まえてマスターして頂きたいですね。
ぜひ、一緒に始めましょう!(9/7)

肩・三角筋のトレーニング

0000554428.jpg
肩の筋肉を鍛えるなら、「サイドレイズ」がわかり易い。
女性は肩幅が広くなりたくない!と敬遠がちだったりもしますが、実は肩の“三角筋”を鍛えることにより、首から肩にかけての綺麗なラインが形成されるのです。
「しっかりとワークアウトしているな」、という印象を与えてくれます。
肩の関節は腕と連動していますので様々なエクササイズに関与するのですが、その分三角筋だけにヒシヒシと効いてる感じは掴みづらいと思います。
この「サイドレイズ」はいわゆる単関節運動で、肩の筋肉だけを使って動きますので追い込まれ方が顕著です(笑)。みるみる肩が熱く感じてくるでしょう!
ダンベルを両手に持ち左右に羽のように上げるだけ。そしてゆっくりと下すのがコツです。
ぜひ、トレーニングメニューに加えてみて下さい。(9/5)

首、肩の痛み

0000566128.png
肩こり、首の動きがイマイチ、このような経験は誰でも一度はあるのでは無いでしょうか。
二足歩行の人間にとって最も上部にするこの部位は、ある程度の負担や不具合はつきものと言えるでしょう。
根本的な要因として、土台となる骨盤や脊柱、及び膝や足関節の不具合にも影響を受けるワケですが、頸椎や首肩に関わる深層筋、浅層筋群へのアプローチは劇的かつ有効にこの不具合に効果を現してくれます。
PNFコンディショニングでは、頸椎自体に幾通りかの圧を加え動きそのものをミリ単位で修正します。7つの椎体が積み重なるのが頸部ですので、改善の出方は割と顕著になります。因みに、特に3番4番当たりに問題性があることが多いと見受けられます。
また、頸部は斜角筋群、胸鎖乳突筋、肩甲挙筋、板状筋、僧帽筋等々どれも頸部のコンディショニングには関わりの大きい筋群ばかりですので、これらへの促通で着実に弛緩、動きの向上を図ります。
コンディショニング施術後の頸部の動きをチェックすると、回旋時に視界に入らなかった真後ろの方まではっきりとカバーが出来たり、驚きや喜びのお声を都度頂きます。
瞬時に改善向上が得られるのが、わかり易く好評です。
いいトレーニングは、まずきちんと身体を正しく整えてから。美容と健康の両輪でケアをして参ります。(9/4)

自律神経を安定させて腸の働きを活性化させよう!

0000521027.jpg
人体は自律神経という系統で生活のリズムが統制されています。
交感神経と副交感神経と二つに大別され、前者は活発な活動を促し、後者はリラックスを促進させます。それゆえに睡眠時には心を充分に落ち着かせ副交感神経優位にさせることが上質な休息を得るコツとなります。
腸の活動もまた交感神経の動きになぞらえるように、副交感神経の働きに沿うように活発化します。
睡眠時に腸が良く働き、起き掛けに排便が促されるのはそうしたサイクルによるものです。
生活のリズムを安定させ、腸の働きを活発化させることにより免疫力も高まります。
これを機に日常の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?
また一日の終わりに大きな腹式呼吸を実行することにより自律神経の安定、腹筋群の活性化を図れますので、🉐となります。ぜひおススメ致します。
詳しいやり方はラディアにて伝授いたします(笑)。(9/3)

体幹のコンディショニング

0000566006.jpg
涼しくなり、新規での体験、入会をご希望する方々が続々と増えています。新たな気持ち、新たなチャレンジに敬意とともに、ラディアを選んで頂いたことに心からの感謝を覚えます。
そうした気持ちを抱きつつ、必ず新規のお客様の身体状況をチェックしながらコンディショニング&トレーニングを進めるようにしています。
最近思うのは、やはり体幹の回旋がもうひとつ円滑でないケースが多いこと。かんたんに言いますと、立った姿勢で身体を左右に回す動作、これがもひとつ回ってきていないなという事です。
​細かい状態はおひとりづつ違いがあるので割愛するとして、大きく述べますと「股関節の動きが良くない」「胸椎の動きが良くない」この2点が大きな要因のようです。
股関節に関しては、内旋、外旋の動きに制限があったり左右差があると骨盤全体の回転がスムースにいきません。これは腰椎に大きく捻じれのストレスをかけるのでぜひとも改善したいですね。
胸椎は腰椎と違って回旋する機能を有していますので、しっかりと動きを確保したいです。12個も腰椎がありますので、改善したときの差はより顕著ですね。
大概、この辺をキチンとアプローチして行くとその場で即座に改善良化します。
体幹回旋の可動域が大きく広がることにより、視界の範囲が全然違い非常にわかり易いので、みなさん驚きや感動のリアクションをしてくれます(笑)。「あれ!斜め後ろまで見えるようになった!!」「運転の時バックの確認が全然違ったよ!」などなど、その場での反応だけでなく、生活の色々な場面でも改めてご自身の身体が改善したことに実感のお声を返して頂けます。そんな瞬間は私の非常にうれしい瞬間ですね(笑)。
やみくもに鍛える、という事ではなくきちんと身体のメンテナンスも行うのがラディアです。
この秋、ぜひ健康生活をラディアで始めてみて下さい。(9/2)

ダイエットと飲酒

0000565889.jpg
ダイエットを志す人に「お酒を飲んでもいいのですか?」と質問されれば、もちろん「控えたほうがイイです。」となります。
そもそもそんな質問が出てくる時点で本気で痩せようと思っているのか…!という話にもなります。
まあ、そうゆう気合いのような話は置いといたとして、実際の生活と照らし合わせて考え直してみることも大切です。
先に結論的な話から述べますと、上手に付き合えるならお酒とダイエットは共存できます。
まず、お酒がダメと考えられる理由から行きますと、「太りやすい甘い(糖質を含む)酒」「併せて出る料理の食べ過ぎ、種類(油ものや糖質類)」「遅い時間帯の食事」…という所が非常にネックです。痩せる気ゼロな食事に限りなく近づきます。
裏を返しますと、この辺をクリアにする事ができるとお酒とつきあいながらのダイエットが実現できます。
お酒は「醸造酒」「蒸留酒」のふたつに分ける事ができます。前者は日本酒やビール、ワインなど糖質を含むもの。後者は焼酎、ウォッカ、ウィスキーなどの糖質を含まないもの。後者はダイエット中の方でも嗜んで頂いて構いません。(但し、サワーやカクテルなどは甘いシロップを多量に含むのでいけません。)
お酒のおつまみにはマグネシウムやビタミンB2などえを意識して魚介系や海藻類などをチョイスしてください。アルコールの分解にも威力を発揮してくれます。
そして、遅い時間からは飲み始めずに、21時くらいにはお開きに。
ダイエット中ですから、これくらいのポイントは守って頂かないと、ですね。
現実的な話で考えますと、「ダイエット中だから酒は断つ!」と決めるのは立派な事ではありますが、世の中付き合いやら過度の制約などを自らに課しすぎて結局出来ずじまいで失敗に終わるなんてことザラにあります。
ですので、無理にガマンばかりをせずに、実行可能なことを実践してゆくことで結果につなげてゆく、そうゆう工夫と努力の仕方でないと中々身体は痩せてはくれません。
そして、みなさんのその行動をサポートするのがパーソナルトレーナーです。
食欲の秋が近づいてきました。いつでもラディアでお待ちしています(笑)!(8/31)

美容と健康の優れもの・マグネシウム

0000565815.jpg
まだまだ暑い日は続きそうですね。
水分補給の話は何度かこのブログでも掲載したかと思いますが、水分補給とともに気を付けたいのが「ミネラル不足」です。
この暑さでは多くの汗をかくことになりますが、これとともに体内のミネラルも損なわれてゆきますので要注意です。それ以前に外食や既製品、加工品の多い現代の食生活では慢性的なミネラル不足も懸念されます。
ナトリウムやカルシウムなどは、少なからず意識があると思いますが、“マグネシウム”にもぜひ着目し積極的に摂るようにして頂きたいですね。
マグネシウムの働きは、血管の弛緩による血液流動を高める作用が比較的知られていると思います。循環器系疾患の予防に期待大というワケです。それのみならず、エネルギー代謝の促進にもよく働いてくれるので、代謝を促し脂肪の燃焼にも大きく寄与してくれるのです。ダイエットを目指す人には、ぜひとも見逃してはいけないミネラルではないでしょうか。
健康と美容、皆が手に入れたい両局面で活躍するマグネシウムは、豆類、海藻、ナッツ類などに多く含まれていますので積極的に食べてみて下さい!
サプリメントでも結構ですが、出来れば自然食から、で参りましょう。(8/30)

RADIA(ラディア)国立

【電話番号】
090-6005-8661

【住所】
〒186-0005
東京都国立市西2-11-78
国立ステップス1F

【営業時間】
9:00〜22:00

【定休日】
なし
(年末年始、メンテナンス日など除く)

ジム概要

モバイルサイト

RADIA国立スマホサイトQRコード

RADIA国立モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!