東京都国立市のパーソナルジム RADIA(ラディア)国立

初心者、低体力者から上級者、アスリートまで。運動効果、レベルアップを達成するプライベートジム!

変わりたい!ベテラントレーナーがあなたのためだけのオンリーワン指導でその願いを叶えます

ホーム ≫ ブログ ≫

ブログ

「海藻」を頂きましょう!

海藻
「腸内環境を改善して免疫力をアップしましょう!」。このブログ内でもよく話題に挙げさせて頂いてますが、ジム内でも会員の皆さまとよくお話します。
食物繊維の摂取が腸内環境向上に大切であることは既に周知のとおりですが、よく皆さんにおススメするのが「海藻類」。水溶性食物繊維を豊富に含みます。
「FI値(ファイバーインデックス値)」=100g当たりのカロリーに対する食物繊維の比率を示す値が海藻類は非常に低く、低カロリーかつ高繊維量であることがわかります。
例えば精白米(炊いたもの)でこの数値が560、食パンやパスタが約110、イモ類で30~50くらい、バナナで約80…キャベツやニンジンで約10ちょいという感じのところ、海藻類はわずか3程度という状況です。数値的には非常に高効率というワケですね。
これが、積極的にもりもり食べることをおススメしたい所以であります。
ちょっと知っておくと、日常の食生活が少しづつ良くなってくると思います。ぜひお試し下さい(12/23)


 

ツイスティングクランチ

0000556671.jpg
「ツイスティングクランチ」でウェストを絞りましょう!
腹筋、体幹を鍛えるには数多くのエクササイズがあります。中でもおススメの「ツイスティングクランチ」は、ウエストを絞るエクササイズとしては比較的オーソドックスと言えそうです。
仰向けに寝たら脚をあげ、右のひざと左の肘、その反対と交互にくっつけるように上体を起こします。最初は10回の反復でもなかなかキツイ!
そのうち10回…20回…30回と回数が重ねられるようになります。
シットアップや普通のクランチなど、腹直筋を鍛える種目と並行してメニューを組むと相乗効果となりそうですね。
これから益々寒くなる季節ですが、春に向けて今から着々と努力を重ねてみてください。
(∩´∀`)応援しております。(12/22)

上腕三頭筋 フレンチプレス

フレンチぷれっす
“二の腕を引き締めたい”、今日の紹介は「フレンチプレス」。
こちらも上腕三頭筋のエクササイズでは基本的な部類です。ダンベルを両手でクロスするように持ったら頭上にあげ、肘だけを曲げ伸ばし。この時肘はぶれないように固定するよう心掛けます。
最初の内はどうしてもぶれてみたり、横に開いてみたりと中々うまく行かないものです。習熟が高まるにも少し時間、経験を必要とします。
きちんとマスターして頂ければ二の腕にビシっと効いてきます。今からやっておけば来春の半そでも楽しみになるでしょう(∩´∀`)∩
おススメのエクササイズ、ラディアで試してみませんか?(12/17)

 

大腸にもいい“ビタミンC”

ビタミンC果物
“大腸を活発にして免疫力を高める”、当ブログでは度々挙げさせて頂いているテーマです。本日お伝えするのは、「ビタミンC]。健康を考えるうえで割とよく登場するお馴染みの栄養素と言えると思いますが、腸内環境を高めるにも大いに働いてくれます。
ビタミンCは腸で分解される際にガスを発生させ、それにより蠕動が活発化し排便スイッチを促す事に繋がります。
ビタミンCが美肌によい理由のひとつに、活性酸素を除去してシミやしわを予防してくれることがあります。これは腸内においても作用し、腸の病気予防に繋がります。
ストレスの緩和にも作用することから、その点でもストレスの影響を受けやすい腸の強い味方となる訳ですね(∩´∀`)∩
ビタミンCはぜひ食べ物から積極的に摂って頂きたいですね。赤や緑の色の濃い野菜、柑橘系果物などがおススメです。
手軽に、美味しく頂いて腸美人になってくださいね(^O^)/(12/13)

 

ダンベルプレス

ダンベル女性補助
ダンベルを使った大胸筋のトレーニング「ダンベルプレス」。ストレングストレーニングをするなら基本的な種目と言えそうですね。
トレーニングに不慣れな方、とりわけフリーウェイトをやった事がない方はぜひ早めにトライをして頂きたいデスね。
大胸筋、三角筋(前部)、上腕三頭筋などを動員するこのトレーニングは、上体前面を鍛えるには最適です。これである程度下地をつくったらそこからのトレーニングの展開はより広がります。
ラディアでは老若男女、多くのみなさんが精力的にこのダンベルプレスをこなしてらっしゃいます。フリーウェイトはやり込むほどにフォームが沁み込んでゆきますので、みなさんなかなかの手練れ感です(∩´∀`)∩
首筋から鎖骨付近のラインは、加齢とともにギスギスした感じがでたりしますので、しっかりと鍛えておくと適度なハリとボリュームが生まれ、躍動的、健康的な美しさが生まれます。決してゴツくはなりませんので騙されたと思って( ;∀;)実施してみてください。
やってよかった~となりますよ(∩´∀`)∩(12/11)

フロントレイズ・肩

フロントレイズ2
肩のトレーニングも多種多様、やり切れない程ありますが、今日の紹介は「フロントレイズ」。
「サイドレイズ」という基本的なエクササイズがありますが、それのバリエーション、肩、三角筋の特に前面に対して負荷の掛かる種目です。
肩から腕、胸元にかけてスッキリとシャープな印象を与えるにはとてもいいエクササイズでは無いでしょうか。
三角筋はそれ単体ではチカラの発揮がしづらいので、意外と鍛えづらい。(;'∀')
ですのでいくつかのバリエーションを併用しながらトレーニングしてゆくのも効果的だと思います。
このフロントレイズ、やってみるとやはり力を出しづらいので、キツイ…!
ですので無理くり重たい重量を選択せずに段階を踏んでじっくりと強度をあげてゆくのが良いと思われます。
ぜひ、ラディアでチャレンジしてください!(∩´∀`)∩(12/10)

食習慣を考えよう

添加物
老若男女、現代の誰もが気にするといっても過言ではない「肥満」。美容のみならず、健康に大きな影響を及ぼします。日本も飽食の社会となって久しいと感じますが豊かさと表裏一体に健康リスクに蝕まれている様です。
昨今、よく話題に上る「食品添加物」ですが、これらが微量に(と、、いいますか多様に大量に、かも知れません…)少しづつ体内に入り込み自らの肉体を侵食し原因不明の不調不具合や過度の肥満、かくれ肥満などのいびつな健康状態を起している事は警鐘されています。
食品添加物による健康被害の代表格はざっと以下の感じでしょうか…
・発がんリスク
・免疫障害
・精神疾患
・不妊
・アレルギー症状
・内臓の不具合
・循環器系の悪化
…その他多数…
細かくは、各添加部物によって動物実験などで認められた作用、悪影響は様々ですが、大きく括るとこのように挙げる事ができます。
“見た目はそんなに太ってないのに”…“体脂肪率が高い”“血中脂質の異常がある”…など、意外と肥満なのね?というケースに於いては、「日常の食事ではそんなにドカ食いをしている訳ではない(自称(;'∀'))」という話も少なくはありません。
そうですね、こうゆう方は得てしてファーストフードやコンビ二通いが日常的である事(=ジャンクフードやスナック菓子、清涼飲料水などのような加工物をよく食する)がよくあります。
最近流行り(?)の「低糖質○○パン」のような製品もコンビニでよく見かけます。一見ダイエットと健康をよく考えてくれた、非常に優れものの製品のようですが、ちょっと裏を返して原材料を見てみますと、実に数多くの食品添加物の名前が連なっていたりします。「本当にコレ食べて正解なのかよ???」そんな感じです(;・∀・)
きちんとダイエット&健康アップを図るためには、実は目先のカロリー削減や、糖質の削減などでは必ずしもなく、「食習慣・生活習慣の改善」にこそその解答が存在します。
長年の蓄積により構築されたプチ不健康、プチ肥満(大肥満もあると思います(;'∀'))は、「習慣」を変えなければ結局は整いません。
手っ取り早いハナシをすれば、「もうコンビニに行かない方が良いのでは?(;'∀')」という事ですね。非常にわかり易いデス…。己のダイエットを、既製品に委ねることは避けましょう(∩´∀`)∩ 遠回りのようで結果最短、かつ確実で唯一かも知れません。
余談というワケでもありませんが、じゃあ加工物は一切口にしてはならないのでしょうか?といいますか、これだけ溢れた現代で完璧に避けて通る事は出来るのでしょうか?
そうですね、恐らくゼロとは無理な話と思われますので、「嗜好品と割り切って少量を補う」ようにしてみてはいかがでしょうか?「主食をおうちで炊いたご飯から糖質ゼロ惣菜パンに置き換える」という発想は無しだと思いますが(それならごはんのほうがまだマシかも…)、割り切って口さみしさを紛らわせるのに、たまに食べてみるような感覚ですかね。(∩´∀`)∩
それなら、「習慣を改善しよう」とする行動に対して影響はより少ないと思います。
書き始めるとキリが無くなる話題ですが、まずは「食に対して」今一度見つめ直して頂くきっかけになれば嬉しいな、と思います。(12/9)
 

脛・前脛骨筋

0000548402.jpg
下腿、脛骨に沿って走る筋肉が「前脛骨筋」。足首を背屈(一般的に言う曲げる動作)させる作用を持ちます。
この筋肉が衰えてくると、つま先が垂れ下がり足の指がしっかりと上を向かなくなりますので歩行動作は常に前へつんのめるような動きになってゆきます。高齢者がつまづいて転倒するのはこうしたところから。ラディアでもお歳を召した方が多いので、この筋肉の衰えには大いに注意を払います。
ここの筋力低下を抑制する対策は、「トゥレイズ」が最適なエクササイズのひとつ。基本的にはつま先を上げ下げするだけのごく簡単なエクササイズです。
出来ればイスに座って、厚みのある雑誌などを準備してその上に踵を乗せます。そしたら後はつま先を上げ下げ。かんたん、楽チンなエクササイズですがその効果はきっちりと脚に反映致します。
ご高齢の方のみならず、若年からきちんと鍛えていかれる事がおススメですよね。何かと若くて成長著しい時期に鍛えられた身体は、しっかりと下地が出来上がる期待が高いです。
気軽にできるエクササイズですので、今日より、明日より実行してみてください!(12/5)

王道 スクワット

0000525541.jpg
トレーニングの王道と言えます、「スクワット」。腿前、「大腿四頭筋」を鍛えるエクササイズです。
オーソドックスなスタイルはバーベルを担いでしゃがみ、あがるを繰り返す形でしょう。
非常に大きな力を発揮できるエクササイズですので習熟度があがると100㎏、200㎏台くらいは扱えるでしょう。大腿四頭筋自体非常に強靭な筋ではありますが、こうなると脊柱起立筋、臀筋、体幹等抗重力筋群は総動員されますのでもはや全身のトレーニングと言えるでしょう。
高重量で行うスクワットは非常にリスクが高くなりますので、トレーニングベルトの着用、トレーニングパートナーやトレーナーの補助、その他必要に応じてテーピングやサポーターなどの準備、マウスピースなども活用する場合もあるでしょう。
高重量スクワットをトレー二ングメニューに組むのであれば、軸のひとつに据える事になります。追い込み切って疲労が蓄積されたままの身体では次のエクササイズは充分に出来ませんので…。
真のスクワット(の苦しみ(´∀`))を知る事により、またひとつトレーニングの楽しさを知る事になると感じます。嘘ではありません!(;'∀')
ラディアで一緒にトレーニングの楽しさを追求してみませんか?(12/4)

 

体調に御注意ください

0000517629.png
いよいよ12月、今年の最後の月となりました。一段と寒さも増していますよね。
2、3日前にテレビで見たのですが、昨年のこの時季に比べ今年はインフルエンザの件数が既に5倍くらいに上っているそうです。
ウイルスの型が…とか予防接種が…抗体が…とかいろいろ盛りだくさんでしたが、結局すぐできる対策は「うがい」と「手洗い」の様です。(∩´∀`)∩一生懸命ゴシゴシしましょう!
トレーニングを積んでいるみなさんは、防衛体力が上がっていますのでより丈夫で健康なカラダが出来上がっているはずです。加えて、油断することなく手洗いうがい、それと適正な睡眠ですよね。
明日もまた元気にトレーニングで追い込みましょう!そして、まずは地道に年内を無事に乗り切りましょう!(12/1)


 

RADIA(ラディア)国立

【電話番号】
090-6005-8661

【住所】
〒186-0005
東京都国立市西2-11-78
国立ステップス1F

【営業時間】
9:00〜22:00

【定休日】
なし
(年末年始、メンテナンス日など除く)

ジム概要

モバイルサイト

RADIA国立スマホサイトQRコード

RADIA国立モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!