東京都国立市のパーソナルジム RADIA(ラディア)国立

初心者、低体力者から上級者、アスリートまで。運動効果、レベルアップを達成するプライベートジム!

変わりたい!ベテラントレーナーがあなたのためだけのオンリーワン指導でその願いを叶えます

ホーム ≫ ブログ ≫

ブログ

抗酸化作用

ビタミンC野菜
“抗酸化作用”に注目するならば、おススメの栄養素が「ビタミンC」。
元気の源としても知られているこの栄養素、あなたの身体の中で様々な役割を担います。
今日、クローズアップしたいのは特に“アンチエイジング”、抗酸化作用についてです(*'▽')
悪玉コレステロールの酸化を抑制し動脈硬化の予防を促します。
コレステロールの消費にはビタミンCは不可欠であり、これが不足すると必然的にコレステロールの消費排泄が停滞します。
コラーゲン合成に必要であり、血管、粘膜、皮膚を強くしますので、アンチエイジングへの大きな影響を持つことは想像に難くありません。
主に、野菜から摂取するのが一番確実かと思います。ピーマン、ブロッコリー、ゴーヤなどは豊富に含んでいます(*^。^*)。
サプリメントなどで一度に摂るという考え方より、日常の食生活でこまめに摂取するほうが自然で効果的と言えると思われます。併せてビタミンEの摂取もより効果的に作用します。
反対に、飲酒や喫煙はそれ自体がビタミンCを消費しますので、ちょっともったいないなと思います。ぜひ、アタマの片隅に留めておいてください。(∩´∀`)∩
ちょっとのコツで、もっともっと美しくなれます!ぜひ、攻めて攻めて参りましょう!!!( `ー´)ノ(2/24)

食卓に「ごま」の習慣を

0000544922.jpg
みなさんは「ごま」はお好きですか?馴染みはあるものの、敢えて食べようとか、よく食べるとかそうゆう感じでも無いかも知れませんよね。少なくとも、主役となるような食べ物ではありませんしね(;´∀`)
実は今一度その効能を見直して、ぜひ毎日の食習慣に加えて頂きたい逸品なのです(*'▽')!!
抗酸化作用を持つ“ゴマリグナン”という成分は、活性酸素の増加を抑制することで知られています。活性酸素は“カラダの錆”、細胞の老化やがん変異を防ぎアンチエイジングを促進して頂きたいですね。
悪玉コレステロールの減少、血圧の安定化へも作用しますので、循環器系疾患の予防という点でも期待は大です(*´▽`*)
黒ゴマ、白ごま、など種類はあるようですがどれもその実力は大差ない様です。但し、どれも皮が固いのですりごまやペーストなどのほうがその効能をより得る事ができると思います。
因みにわたくしは、毎日納豆にすりごまをかけて頂いてます(´▽`*)
美味しく頂いて健康的で美しく!!!(2/21)

 

プッシュアップ・大胸筋

腕立て
「腕立て伏せ/プッシュアップ」、昔ながらの良いエクササイズです。このエクササイズはベンチプレスと同じ、大胸筋が主体です。肩、上腕三頭筋も稼働します。
やってみると意外にできません。(;'∀') 女性の方は膝をつくなどして頂いたほうがやりやすいでしょうね。
これを覚えておけば軽く(?)自主トレしたいときなど割と便利。サッと出来て結構なやった感。(;´∀`)
トレーニングって色々な目的や考え方がありますが、こうした自重を使ったエクササイズを積極的にメニューに組み込んでいくのは、日常生活動作や運動パフォーマンスに好影響を与えやすいのでとってもおススメですね。
ベンチプレスの後に、最後のセットで追い込みで行うなんて使い方も有効です。思った以上にしっかりと大胸筋を追い込めます。(^<^)
お手軽だけど、最初にきちんと習っとくのは大事デス。ラディアでお待ちしております。(*'▽')(2/20)

 

筋トレ/アンチエイジング・美肌効果

0000518678.jpg
筋トレがより美しくなるために効果的であることは今更言うまでもありません。
筋肉を引き締め、パーツのカタチを整えプロポーションにメリハリをつける。基礎代謝も上がり余分な脂肪を削ぎ落す。よく言う“ボディメイク”ですね。
身体の形状に変化が現れるので、わかり易く満足感も高い(*^。^*)。
しかし、それだけでは無いのです(。´・ω・)? もっともっと筋トレにはおトクな特性があるのです。筋肉はトレーニングによって筋繊維の損傷が起き、それを修復してより強い筋繊維として進化します。
これを超回復と呼ぶのですが、その過程で「成長ホルモン」が活性化して筋繊維の修復、進化を促すワケです。
この成長ホルモンは、代謝の促進、脂肪燃焼効果といった機能も併せ持ち、発汗量の適正化による肌の水分維持、つまりつやつやお肌にもしっかりとその恩恵が出てくるワケです。
よく「ジム通いを始めた奥さまが最近輝いてるね!」なんて話を耳にすることがありますが、これはうそでも気のせいでも、ましてやお世辞でも無く、正真正銘全身からあふれ出る本物の筋トレ効果なワケです。
少なくとも、ラディアに通う女性の皆さまは、格段に輝いております!!(*‘∀‘)/
実は、ジムでのエクササイズばかりでなく、自主トレをちょっとでもいいからとおススメするのは、こうした効果を引き出したいからなのですね(*'▽')!!
キツイ必要はありませんので、地道にコツコツ行って下さい。いつの間にやら、期待以上の美しさが手に入りますヨ!!(2/19)



 

コンセントレーションカール・上腕二頭筋

0000562555.jpg
「コンセントレーションカール」、上腕二頭筋のトレーニングです。いわゆる“力こぶ”。
上腕二頭筋の作用は肘関節の屈曲、いたってシンプルな動作だけに、トレーニングのバリエーションも豊富です。
今日ご紹介するこのエクササイズは、二頭のエクササイズの中でも特に力こぶの山の高さを付けるという点で成果が高いとされている、割と特徴的なものです。
座り姿勢、支点となる肘を膝の内側につけながら行うので、比較的高重量を扱えます。ですので筋増量にはうってつけのエクササイズなのですね(*'▽') 山の高さというのはそうしたところの所以でしょうね。 
しっかりと二頭の追い込みを創りたいときはその欲求に確実に応えてくれるでしょう👏
ジム内のニーズ的にも二の腕の引き締めはよく話題に上げますが、反対側のこの筋肉も併せて鍛えていったほうが相乗効果は高いデス。
ホント、二頭筋は豊富で無限に(;´∀`)種類がありますので、ぜひご相談ください!
春が近づいています!!(2/17)
 

ダンベルプレス

ダンベル女性補助
「大胸筋」は上半身で最も大きい筋肉のひとつ。トレーニングメニューを組む時の軸のひとつにしたいデス。
「ダンベルプレス」は、この大胸筋を鍛えるエクササイズ中、最も基本的なもののひとつ。
左右にダンベルを構えて行いますので、ベンチプレスと比べより広い可動域が得られるメリットがあります。
大胸筋(胸)、三角筋(肩)、上腕三頭筋(二の腕)を主体に鍛えますので、上体前面、つまりその人物があたえる第一印象に大きく関与してきます。
鍛えられた健康的なハツラツとした美しさとでも言いますか、爽やか、快活、躍動、そんな表現がよく合いそうです。(*´▽`*)
胸、鎖骨周辺は、特に女性は年齢が出やすいなんてよく言われたりします。
そう、ある程度の年代に入ると、この辺の肉が削げ落ちて薄っぺらい雰囲気を醸し出します。こうなると“-3~5才”くらい損をして見えるかも知れません( ;∀;)
ですので、アンチエイジングという点で、結構キーになるパーツではないかと考えております!( `ー´)ノ!!!
今年は春が早いとの予報(!?)。今年こそ、確実、絶対なアンチエイジングに取り組んンで下さい!!
ラディアでお待ちしています(*^。^*)(2/16)

 

サイドレイズ・肩

0000545669.jpg
肩のトレーニング「サイドレイズ」。
肩=三角筋をしっかり鍛えておくと、上半身のシルエットが程よいメリハリを得てカッコよく決まります。
このエクササイズはなかなかキツク非常によく効いた感じがします。
例えば肩の代表的なエクササイズに「ショルダープレス」がありますが、これは肘と肩の関節が連動する“複関節運動”。対してサイドレイズは肩関節のみの可動で行う“単関節運動”。これはほぼ三角筋のみでこのエクササイズを行いますので、比較的軽めの重量でもよく効くわけです。
両手に持ったダンベルを再度に開きながら挙げるだけとシンプルな動作ながら、実際に行うとキツイんですね(;'∀')
その分、美しい首~肩ラインは保証されるでしょう(*´▽`*)
春に向けて、一緒に試してみませんか!!(2/10)

納豆のススメ

藁納豆
一日ひとパックのおススメが「納豆」。関西の方は苦手かも知れませんが(;'∀')
納豆の成分には血中脂質を改善してくれる働きがあります。レシチンやイソフラボンがそれです。
食物繊維が多く含まれていることにより、腸内環境への影響も期待できます。
ビタミンKが発生するのも納豆の特徴で、これはカルシウムの沈着を助け、出血時の血液の速やかな凝固にも作用します。
そして特にクローズアップされるのは「、納豆菌から生まれるナットウキナーゼ」という成分。これは血栓の溶解作用があるので、循環器系障害の予防という観点でも非常に心強い味方です。
摂取後8時間程度が最も作用しやすいのが特徴なので、おススメの摂取タイミングは夕食時ですね。
人間は就寝時に多量の水分放出をし、血液の粘度が高まりますのでこのタイミングでナットウキナーゼに働いてもらうのは極めて合理的というワケです(*'▽')
毎日の夕食に、ひとパックの納豆なんてとても良いと思います。ぜひお試しください!(2/5)(^O^)/
 

豆乳について

豆乳
先日のテーマで「牛乳」について触れてみました。
“無理に飲まなくてもいいのね?”“完全食品じゃないの?”など、色々な反響を頂きました。
中でも“じゃあ、豆乳にしようかしら”という声も少なく無かったので本日の話題にさせて頂きます。
先に結論的に言いますと、まあお好きであるならば飲んで下さい、という事です。(゚∀゚)
可でも不可でも無い様な無責任な姿勢でスイマセン…(;・∀・)
イや、何でもケチをつけてしまうとその内何にも出来なくなりそうなので…。
まずは、健康に良い影響を与えると言われる“大豆イソフラボン”について。
摂取のし過ぎが発がん性やホルモンバランスの乱れに繋がるという話があります。
それらの信憑性やどの程度を過剰と呼ぶのかなど、詳細は一度掘り下げたいとは思いますが、ひとまずここでは、何事も摂り過ぎには注意という事。
次に、市販の豆乳を今一度チェックしてみますと、その原材料は大豆が主となります。その他、実はちょこちょこと添加物が使われているケースが多いデス。
見つけてしまった例で挙げますと、甘味料(アセスルファムK)などは動物実験においては肝機能や免疫機能に影響を及ぼす様です。
安定剤(カラギナン)はやはり実験の結果では血便や結腸腫瘍などのリスクが高まったようです。
香料、乳化剤なども使われますが、これらは幾つかの種類のうち、毒性の強いものも存在していますが、具体的に何であるかは明記されていません。
つまり、ほぼ牛乳と同じく、あくまで嗜好品として。
健康を考えるという事であれば期待に添えるかは疑問です(;´Д`)
巷の目に飛び込みやすい情報や、それらによるイメージにあまり振り回されてはいけません。ぜひ、食に対する意識を見つめ直してみてください!!(∩´∀`)∩

翻って…先に述べましたように、この様な切り口で食品を検証し始めますと現代社会では完全無欠なものは皆無に近くなってしまいます。(残留薬物や環境汚染に関わる事なども含めると自給自足、手作り、自然食、オーガニック等でさえノーリスクではございません。)

ですので、食の安全は大いに意識して頂きつつも適度に情報を活かして程よい食生活を楽しんでくださいね(*´▽`*)(2/4)





 

アダクション・内ももを引き締めよう

0000528606.jpg
本日のおススメエクササイズは「アダクション」。内転筋群を鍛えます。
いわゆる“内もも”、みなさんが気になる部分です。そして、ココは普段あんまり意識的には使えていない…!
横に寝た姿勢から下の脚を上下に上げ下げ。可動もそれ程大きくなく、割とかんたんに行えます。
しかしながら、繰り返し上下運動を続けているとそのうち内ももがキリキリと効いてきます。
普段使えてないだけに、効いてくるとけっこうキツイ…(;'∀')!
タルタルが嫌だったジブンの内ももが、いーい感じで熱くなってきました!!
スクワットやヒップエクステンションなど、下半身の大きな筋群のエクササイズとともに、この「アダクション」もトレーニングメニューに組み入れてみてください。
相乗効果的に、脚のラインがスッと伸びてくるでしょう(*'▽')
春に向けて、より効果的なトレーニングに取り組んでみませんか!?
みなさんのチャレンジをお待ちしております!!(2/3)

RADIA(ラディア)国立

【電話番号】
090-6005-8661

【住所】
〒186-0005
東京都国立市西2-11-78
国立ステップス1F

【営業時間】
9:00〜22:00

【定休日】
なし
(年末年始、メンテナンス日など除く)

ジム概要

モバイルサイト

RADIA国立スマホサイトQRコード

RADIA国立モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!