東京都国立市のパーソナルジム RADIA(ラディア)国立

初心者、低体力者から上級者、アスリートまで。運動効果、レベルアップを達成するプライベートジム!

変わりたい!ベテラントレーナーがあなたのためだけのオンリーワン指導でその願いを叶えます

ホーム ≫ ブログ ≫

ブログ

水を摂取する

水を飲む
お水を摂る習慣が健康をいちだんアップさせてくれます。
夏場、特に昨今の猛暑では必然的に水分摂取の話題が多く出てきますが、実は冬場であっても水分の補給はおからだに有効なのです。
適度な水分摂取は腸内に刺激を与えて蠕動運動を活発にします。便通の促進につながる訳です。併せて水分が食物繊維自体に柔らかみを与えてもくれます。
便秘に悩む方、特に女性には多く見受けられますが、こうした習慣で少しづつ改善につながる事が大いに期待出来ます。
蠕動運動の活発化~便通促進~腸内環境改善~免疫力向上・善玉菌優位・ヤセ体質への好転~へとより良いサイクルよりへと回り始めます。
一日当たり1~1.5ℓ位が推奨されています。(2ℓ、或いはそれ以上という意見もあるようですが…)
飲むタイミングは朝の起床時、食事前、入浴前後、就寝前…などなど。
飲料水は水ならひとまずは何でも良いですが、ミネラルウォーターなんかがおススメでしょうか。特に苦手で無ければ硬水のほうがよりミネラル分の合有量は多いですね。
まずは気軽にお試し下さい。(1/22)

腹式呼吸

0000561119.png
腹式呼吸の習慣をおススメしています。
腹式呼吸は腸に対してマッサージ効果があると言われています。腸内活動が活発化し便通や消化機能が向上します。当然腸内環境は改善されて免疫力の向上へと繋がる訳ですね。
善玉菌優位の腸内環境は、“痩せ体質”に繋がる事は当ブログ内でもたくさんお話して参りました。
おすすめの腹式呼吸エクササイズは、就寝前、お布団の上に仰向けになりゆっくりと腹式呼吸を行うスタイル。
自律神経の安定化をもたらし、副交感神経優位でより質の高い眠りを得られます。
なんなら腹式呼吸エクササイズしながらそのまま寝てしまっても良いのでは無いでしょうか?(∩´∀`)∩   
手軽に出来ますので、ぜひ習慣になるように実施してください!
お身体の調子をワンランク上げたいなら、意外とかんたんで身近なところから手に入るのです(*´▽`*)/ (1/20)

ストレッチのススメ

10980920183_c99f43caa3_o[1]
「ストレッチ」、誰もが一度は耳にしたことがあると思います。
身体のお手入れのひとつとしてこのストレッチはおススメです。
少し詳しく述べますと、巷でよく行われているストレッチはスタティックストレッチといい、静的に可動域を広げるストレッチです。筋肉の伸展を高め関節可動域(特にstatic rom)の向上を図ります。血液の循環がよくなったり疲労の回復に貢献したり、という嬉しいメリットが満載です。
このストレッチはほぼほぼ静止した状態でポーズを保ち、体重の移動や空いている手などで他方を押してみたり、或いは他人に押して貰ったりとなりますので、他動的に可動域を広げる要素が強いと言えるでしょう(passive rom)。
そんなわけで日常ジブンでお手入れできるお手軽な方法として実践して頂くのが「吉」かと思います(∩´∀`)∩。
そしてココから更に、身体動作を高め日常生活をより円滑にしてゆくには、動的かつ自動的可動域(dynamic romならびにactive rom)の向上が必要になります。
実はここにきちんと着目し、向上を図る事で劇的で確実なお身体の改善が成し得るワケなのです。
これは自分だけで行うのは難しいのでラディアでお手伝いをさせて頂ければと思います。

まずは手軽にスタティックストレッチ習慣を。(^O^)/!!応援しています~(1/19)


 

ファンクショナルなスクワット

0000535975.jpg
先日ご紹介しました「スクワット」ですが、実はいろいろと面しろいバリエーションができます。
本日ご紹介するのは「バランスディスクを使ったスクワット」。ふたつのバランスディスクに乗り、通常のスクワットとおなっじ要領でエクササイズをするわけです。
ただでさえキツいスクワットを不安定なディスクの上で行うので、その難易度は格段にあがります。浅めに行うハーフ、クオータースクワットでさえ、中途半端な膝屈曲具合がかえって不安定さを煽ってしまう事もあります。逃げ場が無いですね…(;'∀')
主動筋が大腿四頭筋であることは変わりませんが、ディスク上で一生懸命バランスを保たなければならないので股関節のインナーや体幹の筋群も自然と動員されます。スタビリゼーションの向上は確実ですね(*´▽`*)
エネルギーの大きな消費もより期待できますよね!(*´▽`*)/
おひとりでやってみるのも少々難しいですので、ぜひ試しにいらしてください!(1/16)
 

お尻から脚のラインを整える・アブダクション

0000553899.jpg
「ヒップアップしたい!」というご要望は女性のお客様からは多数ございます。
お尻の主な筋肉、大臀筋をしっかりと鍛えるという方向性でもちろん間違いは無いのですが、パーツ単体で見るばかりでなく、周辺のパーツとのつながり、流れなんかに注目すると更に美しいボディメイクができるのではないかと感じます。
「アブダクション」、横に寝た姿勢で上に来る脚を上下に上げ下げするエクササイズです。これはお尻の上の方や腰の横側、大腿の横にもググっと効いてる感じがよく伝わります。
腰~お尻~脚のラインを綺麗に整えてくれるワケですね。
そうすると結果的にキレイなヒップラインを際立たせることになります。
一度やってみると、普段あんまりやらない動作だけに結構キツイ…なるほど効きそうだ…!(∩´∀`)∩
既にラディアでは多くの方々が実感しています。
みなさんも早く大成功を手にしてください!お待ちしております(∩´∀`)∩(1/15)
 

美しい背中・広背筋/ローイング

ケーブルロウ (2)
本日も広背筋。やはり基本的なエクササイズ、「ローイング」。
昨日のおはなしのように、ロウ系は背中の厚みをつくります。
上から引っ張るプル系に比べると、横に引っ張るこのエクササイズは実施しやすいかも知れません。その分広背筋への意識もし易いように感じます。
ラットプルダウンとともに、並行してローイングもトレーニングメニューに入れると相乗効果が得られると思います。
このローイングはケーブルだけでもいろいろな形のバーがあり目的ややりやすさなどで選択が可能です。また、バーベルやダンベルを使うというバリエーションもありますので、より自分に合ったやり方を探しやすいかも知れません。
美しい後ろ姿により近づくように、ラディアで頑張りましょう(∩´∀`)∩お待ちしております。(1/14)

 

広背筋・ラットプルダウン

0000518053.jpg
美しい後ろ姿を創るなら、「ラットプルダウン」。
このエクササイズもウェイトトレーニングでは基本のひとつです。背中側の大きな筋肉、“広背筋”を鍛えます。
広背筋のエクササイズは、このラットプルのように引き下げてくるプル系と、ベントオーバーローイングなどのロウ系とに大別できるかと思います。
比較的、プル系は背中の広がりを創るのに、ロウ系は厚みを創るのに違いが現れるとされています。
これは解剖学的にみたときに筋繊維の方向と負荷の方向がどう合致するかで説明がつきやすいと思います。詳しくはラディアにて(∩´∀`)∩。
ということでラットプルダウンは背中の広がりを出しますので、腰のくびれ感を得るにはもってこいですね。キレイな後ろ姿とはこの事なんですネ。
ゆえに「女性におススメのエクササイズですよ!!」とみなさんにお伝えしています。
今年は後ろ姿にもこだわってみませんか?(1/13)
 

ヒップリフト

0000549261.jpg
ヒップアップしたい方に朗報!本日は「ヒップリフト」をご案内します。
仰向け姿勢で膝を立てます。膝の角度は概ね90度くらい。そこからお尻をググっと上げます。
お尻を構成する大きい筋肉“大臀筋”が主動となります。これがヒップアップの元。そして腿裏、大腿二頭筋群もしっかりと使われます。実はこの腿裏を鍛えることにより筋肉のカタチがより整い、お尻と脚の境目を際立たせます。ボディメイクの秘訣はココにある訳です。
お尻が最上まで上がった時、数秒グーッとキープすることで腰背部、体幹にもきちんと効きます。
腰~お尻~脚にかけてのボディメイクに、実におススメのエクササイズなのです。
今年こそラディアで理想のヒップを創りましょう!(1/12)

 

ベンチプレス

0000529846.jpg
本日は上半身の基本中の基本、「ベンチプレス」。
大胸筋のトレーニングです。肩の三角筋前面、二の腕上腕三頭筋も協働筋として働きます。
上半身の前面は意識がしやすく、効いてる感じがわかり易い。変化成長も比較的つかみやすいので、やっていて面白みを感じます。
よく男性のトレーニング愛好者がベンチにハマるのはそうゆう理由からでしょう。
トレーニングの基礎づくりとして、ぜひ積極的にチャレンジして頂きたいですね。しっかりと習熟して頂ければその後のトレーニングの展開もより広がると思います。
筋力レベルを測る基準に、このベンチプレスが何キロ上がるのか、というのがあります。
男性は自分の体重、女性は体重の半分が標準とされます。体重60Kgの男性なら60Kgの重量を挙げて標準というワケですね(重量÷体重=ストレングスレベル1.0)。
ただ、実際は急にやってみると言われてジブンの体重を挙げられる人もそんなにいませんが…。(;'∀')
新春より、ベンチで本格トレーニングを開始しましょう!お待ちしております。(1/10)


 

スクワット

0000560679.jpg
新春よりご紹介するエクササイズは、基本に返って「スクワット」。
腿の前側、「大腿四頭筋」がメインとなります。人体の中でも最も大きい部類のこの筋肉は、エクササイズによるエネルギーの消費もより絶大。筋肉中に存在する“エネルギー生産工場・ミトコンドリア“への影響もより大きく期待でき、アンチエイジングへもググっと近づきます。(∩´∀`)∩
バーベルを担ぐやり方が絵になるエクササイズですが、実は何も持たずに自重で行うだけでも非常によく効きます(;'∀')!!
ラディアのみなさんはスクワットによる追い込みに例外なく悶絶し、泣いて喜ぶか、露骨に嫌がるか、そしてまたクセになりがんばってしまうのです(*´▽`*)
“しっかり効かなきゃトレーニングじゃない!“誰かがそんなことを言っていた気がしないでも無いですが、ラディアでしっかり効かせて、美しいプロポーションを手に入れて下さい!!
令和も二年目、今年は飛躍の年にしませんか?!(1/10)

RADIA(ラディア)国立

【電話番号】
090-6005-8661

【住所】
〒186-0005
東京都国立市西2-11-78
国立ステップス1F

【営業時間】
9:00〜22:00

【定休日】
なし
(年末年始、メンテナンス日など除く)

ジム概要

モバイルサイト

RADIA国立スマホサイトQRコード

RADIA国立モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!