東京都国立市のパーソナルジム RADIA(ラディア)国立

初心者、低体力者から上級者、アスリートまで。運動効果、レベルアップを達成するプライベートジム!

変わりたい!ベテラントレーナーがあなたのためだけのオンリーワン指導でその願いを叶えます

ホーム ≫ ブログ ≫

ブログ

トゥレイズ

0000528516.png
つま先をちょこっと上下に上げ下げするエクササイズを「トゥレイズ」といいます。
​これは前脛骨筋という脛にある筋肉を鍛えます。
​ちょっと影が薄い箇所のようにも感じますが、結構大切な箇所でもあります。
​足関節の安定性や、高齢者にみられるつんのめった歩き方を抑制し元気よく正しい歩行をするためにはこの前脛骨筋を日ごろからしっかりと使い衰えさせない事がポイントです。
​「カーフレイズ」によるふくらはぎのトレーニングと合わせて、日常のトレーニングに組み込んでください。下腿の筋肉に柔軟性を与え、ポンピング作用を得る事にもつながりますので!
​明日からもまた、エクササイズ頑張って参りましょう!(1/26)

レッグレイズ・下っ腹のポッコリ

0000528117.jpg
下っ腹を引っ込めたい、そんな要望をよく伺います。
​そんな時は「レッグレイズ」のお話をします。先に述べますとこの種目は必ずしも下っ腹を引っ込めるのに効果を発揮するトレーニングではありません。股関節の屈曲伸展の繰り返しをしますので、腸腰筋に対して主に負荷がかかります。その際脚の重みも伴って腹筋にも負荷が掛かる訳です。
​この時に、比較的腹筋下部に対してのストレスを感じやすく結果腹筋下部に効きますよ、というご案内の仕方になります。
​いずれにせよ、幾つかのバリエーションで腹筋に様々な角度から攻めるという意味でも効果的だし、骨盤安定性にも寄与するのでエクササイズするメリット自体大いにあります。
ぜひ、みなさんも試してみてください!(1/25)

二の腕その③

0000527839.jpg
気になる二の腕によくキクエクササイズ、トライセップキックバック。
​ダンベルを使い片手づつ行うエクササイズです。しっかりとダンベルの負荷が上腕三頭筋へとのしかかりますので、効いた感強いです。
​ベンチに片手をついたら上半身をベンチと平行にし、同じくダンベルを持つ腕を平行にします。そして、その腕を曲げ伸ばし。
この平行を常に保ち、回が重なるごとに少しづつ下がってゆかないように要注意。(1/24)






大雪

0000527726.jpg
何年振りかで大雪に見舞われました。
​降り続く月曜、積りに積もった火曜。このような状況でも多くのお客さまに来ていただきました。
​感謝と同時に、そのやる気に本当に頭の下がる思いです。
​そして遠方で来るにこれなかったみなさま、本当に申し訳ございません。フラストレーションが溜まっている方も少なくないのでは…?次回、爆発させましょう!!
どのような状況下でも、ラディアは会員のみなさまに支えられ、いつでも変わらぬ活気を醸し出しております!
​ぜひ、ラディアの仲間に入りませんか!!(1/23)

背中のトレーニング

0000527154.jpg
前回記載したデッドリフトとともに、ラットプルダウンで上背もきちんと鍛えていきたいですね。
​広背筋という、背中の広がりをつくる筋肉をしっかりとデザインしてゆくと、後ろから見た時のくびれのあるメリハリボディが出来上がります。女性はしなやかで美しく、男性は大きく力強い印象を与えます。
​最初は軽めの重さで充分なので、きちんとフォームを習得することをおススメします。ある程度背中に対する利かせ方を心得てきたら、重量をアップしながら強い負荷を与えましょう。筋肉の性質上ある程度の重さを利用したほうが意識がしやすく効果的にトレーニングが行えると思います。
​普段は自分の後ろ姿ってなかなか意識しづらいのですが、トレーニングを始めて後ろ姿にこだわってみましょう!!
​ラディアでお待ちしています!(1/21)

デッドリフト

0000527059.png
ウェイトトレーニングの中でもベンチ、スクワットと並び代表格である「デッドリフト」。最も大きな筋群を鍛え、最も高重量を扱う、非常にダイナミックで魂が燃えてくる種目です。
​しかしながら、今一つマイナーというか、ベンチやスクワット程実行されていない様にも感じます。
​確かにフォームの習得は少々難しいし、やり込んで行かないと効いてる感じもつかみづらい。(ただし、しっかりきかせた時の追い込み感はハンパでは無いのですが…。)
​そんな事で多くのユーザーからは背部は代替えの種目で実施されているのかも知れません。
​ラディアでは、実直に丁寧なデッドリフトを推奨し実践して頂きます。習いたての軽重量の時は、イマイチやった感も少なく、自重スクワットなどのインパクトには及ばない様です。でも、長い目で見たときにはかなり有益です。地道に続けましょう。
​正しい姿勢の保持、多くのトレーニング種目の基礎となる筋力づくり、やってて良かった~ときっと思ってもらえます!(1/20)

カーフレイズ

0000526942.jpg
ふくらはぎを鍛える種目に「カーフレイズ」というものがあります。
​これは段差のある場所へ踵を浮かすように立ち、背伸び運動を繰り返すもの。
​地味な種目ながら、ラディアでは多くの方に推奨しています。
​得てしてふくらはぎの張りやコリが見受けられるケースが少なくありませんがきちんとふくらはぎを動かす(伸展収縮させる)習慣をつけてもらうように、適宜反復運動して頂きます。
​やり過ぎない位が筋肉の弛緩をつくるのにちょうどいいですよ、とアドバイスを添えて。
​特にふくらはぎの形をしっかりとデザインしてゆきたいニーズには、更に負荷や反復回数をレベルアップし実施して頂きます。
​大筋群と比較し地味でスルーしがちではありますが、こうした部位もきちんとスポットを当てて取り組んで参りましょう!(1/19)

割れた腹筋

0000526679.jpg
「腹筋を割りたい」、やはりジムに訪れる以上は誰しも憧れますよね(笑)。
​これもまた無数に追い込む種目があり、どのように選んでゆくかが大きなポイントだと思います。
今日ご紹介する種目は、基本の基本「クランチ」。それこそ、色々と中途半端に手を伸ばすくらいならこれだけしっかり極めたほうが、腹筋のトレーニングには効果的です。
ひざを立てて仰向けに寝る。手を頭の後ろに構える。顎を引く。腹筋をしっかりと縮めるように上体を丸める。この時、無理に状態を起こしてこなくても良い。その代わりしっかりと腹筋が収縮している感じをつかむこと。
​あとは、この動作をしっかりと反復です。筋力レベルが上がってゆくにつれ回数を増やしていきたいですね。
​腹筋をしっかりと収縮させることを身体に覚えさせる、それを習得しないと、これ以上どんな種目を重ねても費やす時間ほどの効果は無いと思われます。
​あとは、理屈ではなくしっかりと実践するのみ。ラディアで一緒にやりましょう!!(1/18)

二の腕②

0000526344.jpg
先日、二の腕のトレーニングについて触れましたが、相変わらずニーズが高いので続編です。※特に女子に“二の腕のプルプルを何とかしたい!”のニーズが多い(笑)。
​二の腕を何とかしたければ、それはそれはいくらでも良く効く種目がございます!
​今日ご紹介するのは、「リバースディップ」という種目。特に複数の種目を重ねた最後に持ってくると、劇的な追い込み効果を発揮します。
​後ろ手に自分のからだを支えるようにして、ゆっくりと肘を曲げ身体を沈ませます。そして肘を伸ばし上へ押し上げる。この繰り返し。
​基本的には自重のみで回を重ねれば充分に効きます。写真は参考マデ。詳しくはラディアにて(笑)。(1/17)

ダンベルフライ

0000526119.png
今日はダンベルフライのご紹介。
​大胸筋という胸の大きな筋肉を鍛えるのに効果的です。
​適度な重さのダンベルを両手に持ち、ベンチに寝た姿勢から両サイドへゆっくりと手を広げてゆきます。
​肩の関節のみを使う単関節運動なので、割とダイレクトに胸に効いている感覚がわかるかと思います。
​大胸筋のトレーニングの柱とも言えるベンチプレスと併用してトレーニングメニューを組めば、とっても充実したエクササイズが出来ます。
​老若男女問わず(笑)ラディアでチャレンジしてください。(1/16)

RADIA(ラディア)国立

【電話番号】
090-6005-8661

【住所】
〒186-0005
東京都国立市西2-11-78
国立ステップス1F

【営業時間】
9:00〜22:00

【定休日】
なし
(年末年始、メンテナンス日など除く)

ジム概要

モバイルサイト

RADIA国立スマホサイトQRコード

RADIA国立モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!