東京都国立市のパーソナルジム RADIA(ラディア)国立

初心者、低体力者から上級者、アスリートまで。運動効果、レベルアップを達成するプライベートジム!

変わりたい!ベテラントレーナーがあなたのためだけのオンリーワン指導でその願いを叶えます

ホーム ≫ ブログ ≫

ブログ

国立天下市

0000509944.jpg
今日は国立天下市。
​国立駅前メインストリートの一ツ橋通りは歩行者天国。たくさんの出店が並び秋の深まりに今年一番の賑わい。
​1か月位前も同じようなお祭りがおこなわれてました。
​おしゃれな街の印象が強い国立ですがこうした昔ながらの文化が根付く街でもあるのです。
​来年のこの時季、ぜひ国立へお出掛けください♪(11/5)

痩せたい人の食事とは?

0000509827.png
「痩せたい」ニーズはわたくし達のようなジムでは本当に尽きません。痩せるためにはカロリーの消費(運動)と摂取(食事)であることは間違いありませんが、これは結果論として捉えて頂ければ良いかと感じます。
​主体的に「痩せる」というゴールに向かうにはやはりポイントとかコツといったものを押さえる必要があると思います。
近年よく実施される○○制限ダイエット的なモノも短かい時期に効果が現れやすいので非常に魅力的に映ります。早期で効果が見えてこないとモタない人も多いので(笑)便利だし画期的です。
​反面、そもそも短期スパンで劇的に身体に変化を与えること自体に大きな負担が発生しますし、リバウンドの事例も数多くあることから、もっと長い目でクライアント様のことを考える必要があるとラディアでは感じています。
​「食べながら痩せる」などというワードを時折耳にしますが、これは食べ物の質に着目した食事法に他なりません。「質」に対する切り口はミネラルや食物繊維、血糖値抑制やGI値、腸の活性、咀嚼、油、添加物…等多々有りそれらを満たす食品たちを積極的に摂ろう!(またはこれは避けよう!)というような方向へ話が進みます。
​学んで行くと段々気づくのが、結局健康に向かって食生活を改善していることに近づいているという事です。「健康になれば自然と痩せてくるよ…。そんな気長なこと言ってられないわ!」という人も多いと思いますが、結果的にはリバウンドを繰り返すような事になるならむしろ最短で確実に痩せる結果を手に入れる事になるのでは無いでしょうか?
​具体的なポイントはラディアでしっかりご案内していきます。そして、進捗を観ながら変化、調整を加え着実にご満足いく結果へ導きますのでぜひラディアへお越しください。(11/4)

久しぶりの晴天

0000509666.jpg
今日は朝から久しぶりに清々しい晴天でした。心なしか気温も穏やかで過ごしやすい一日。
​本日はご利用者様が多かった日ですが皆様身体の調子がとても良かったです。
​と、いいますのも先月の中旬くらいからずっと雨続きのまま冷え込みが増し、どなたも大小不具合、低調感がつきまとう感じでした。
​今日くらいのいい調子でしたらサッとコンディショニングをして、トレーニングはいつもより強度を高めてしっかり効かせていくのが充実度が高いようです。
​さらに調子が高まったような感触を得て納得してお帰りになる、そんな事の連続の一日でした。
​やはりこうゆう日は自分も指導をしていて楽しい。今日の恵まれたいち日に感謝。(11/3)

投球について

0000509417.jpg
野球やハンドボールの選手など球技、特に投球を必要とする競技のコンディショニングについて。
​昔からリストを強くするという事で、手首を強化する筋トレをやった(やらされた)ものです。地味だけどすごいキツイんですよね、あれが…。
​実は、がっかりさせてしまうかも知れませんが末端は筋トレしてはいけなかったんです…(!!)
​パフォーマンスをかえって落としてしまうか、技巧性を損なってしまうか、そんなオチでは無いかと思います。随分前も別な例でなぜそうなるのかを綴った記憶がありますが、ほんとうに運動パフォーマンスを上げたければ要注意です。
​どうしても(リストの)筋力強化をやりたければ(強いて言えばですが…)期分けを前提としてある時期にしっかりやるか、といったところでしょうか。
​よかれと思ってやってたハズが、人体って本当に難しい…!
​少しでもラディアがお役に立てればと思いますのでぜひご相談ください。(11/2)



健康に対する意識の高さ

0000509028.jpg
ラディアに通うみなさまは、共通して健康に対する意識が高いと感じます。自分の身体を知る、向上させる、改善させる、維持させる。こうしたことに対して自ら掴んで来ようと前のめりに向かってくる感じが伝わります。昔総合フィットネスクラブに勤務していた事があるのですが、そちらでは大概啓蒙するところから始まったものでした。(自らスポーツしに来ているにも関わらず…です。)
コンディショニングやエクササイズをご指導すると、必然的に飲み込みが早く、効果も顕著に現れる傾向があります。ラディアではよく「自分の身体に対する感度を高めてくださいね!」というような言い方をするのですが、みなさん充分に応えてくれている様子です。
​特に最近は季節柄か身体の痛みや不具合が発生する場面が多くなっているので、よりしっかりと効果を認識して頂けています。
​これからもみなさまの絶好調を陰から支えるラディアであり続けたいと思います。
(11/1)

“痛み”と向き合う

0000508742.png
ラディアでは、身体に痛みや不安を抱えるクライアント様が多数いらっしゃいます。
​「何とかして差し上げなくては!」という思いがつのる日々です。
​肩の痛みを訴える方が多数。もちろん状態は多種多様で処方はそれぞれですが、どれも対処には相応にナーバスになります。極めて丁寧に進めて行かないと余計に悪化をさせかねません。
​また、足関節と下腿についても不具合が多く見受けられます。こちらはご本人の自覚が薄いケースも散見されます。このような場合は状態を指摘させて頂き改善の処方を進めて行きます。
​いずれのケースでも、股関節の動きに関与していたり、逆に影響を与えていることがありますのでそちらもきちんと円滑に働くように調整し全体の連動を高めて仕上げます。
​また、内臓系や循環器系など何らかの疾病等による痛みの場合には筋神経促通からのアプローチでは当然効果がでないので、その見極めもとても大切だと認識します。
​幸い、現状では全ての方に改善、緩和の感想を頂いておりますのでこれからもみなさまの“快適”を目指して頑張って参ります。
​同様のお悩みをお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。(10/31)

鍛えよう!前脛骨筋

0000508153.png
昨日のテーマが足底、足関節だったので今日は前脛骨筋というわけではありません(笑)最近、前脛骨筋のエクササイズをご案内することが多かったので挙げてみました。
​高齢者の歩行時における転倒事例は枚挙に暇が無いですがこの脛前面の筋肉を鍛えて足先をピッと上向きに歩くという啓蒙は外すことのできない指導のひとつでしょう。
​これによりズリ足のようにつんのめって歩く状況が解消され転倒予防となりますが、意外に皆さん知らないし意識もしていない。確かに歩く動作などは物ごごろついた時には出来ている訳で、そんなに理屈めいてジブンの歩きを分析する人も少ないでしょう。
​だからか、結構目からうろこのような気分になり「こりゃいい事聞いた」というように、弾むようにお帰りになる姿を見ると、思わず「聞いただけで油断しないでくださいね!」と言いたくなります(笑)。
​おけがなどなく、いつまでも若々しく闊歩して欲しいと思います。(10/29)
 

注目パーツ・足

0000508032.jpg
いわゆるウェイトトレーニングでは、「如何にして筋肉へ効かせるか」ということが重要なポイントであることは言うまでも無く、特に大筋群の発達は明らかな肉体の変化が感じられ、達成感もひと際です。こうしてはまればハマるほど、筋トレは面白い♪
​ところで、人間は二足歩行なので身体活動中は基本的に足裏が地面に接地していることとなります。足裏の筋肉を大くくりで足底筋群と呼びますが、これらは大胸筋や大腿四頭筋等ほどド派手にデカくなる筋肉ではありません。
​それでなのか、スポーツジムなどの類ではあんまりココにクローズアップされる場面を見た記憶がありません。
​前述の通り、唯一地面に接地し身体活動を支えている訳ですので、本来は要中の要と言っても過言では無いと考えます。
​足底と、接地エネルギーを身体へ伝達したり衝撃を吸収する足関節はもっと大事に労り、もっとかまってあげる(笑)べきなのです。
​と、いいますのも、ラディアでクライアント様のコンディショニングをしていると、この足底と足関節に傷害や問題とは言えない位の微細な不具合感や不揃い感を持っている方々がほとんどなのです。そして、聞いてみれば膝痛や腰痛持ちだったり、股関節周辺筋に顕著な張りや拘縮があったりと、不調の連鎖が散見されるのです。
​特に問題性を自覚していない方でさえ、足底の状態アップを図るだけで、スコンと
​パフォーマンスが向上したりもします。
​地味ながらも全体パフォーマンスに大きく関わる「足部」、この機会に見直しを図ってみましょう。
​ラディアでお待ちしています!(10/28)

 

12月の冷え込み

0000507592.jpg
昨日のTVで10月というのに12月並みの気候という話をしていました。今日は天気こそ回復し気持ちが良かったですが、やはり10月っぽくないひんやりとした空気が漂ってました。
​何度か言及はしていますが気候の変化が随分と私たちの体調に影響を及ぼします。
​往々にして自律神経の乱れが原因であることが多く、血行不良や偏頭痛、抑鬱など多くの症状を引き起こしたりします。
​運動をして身体をしっかりと動かしてあげることも予防には効果的です。少しづつでもいいと思うので、腹筋運動や軽い体操などを取り入れてみてはいかがでしょうか?
​また、お風呂上りなどにストレッチを行うのも効き目は大です。
​そして、十分な睡眠(7時間くらいとれれば理想的とされていますが。)をとり自律神経の安定を図ってください。
​わかっている様で、中々できない。そんな声も聞こえてきますが、少々の工夫と改善が、快適な日常生活を送る大きなカギとなりますのでぜひ実行してみてください。
​そして、身体の不具合調整や動きの改善を通じ“動きたくなる身体づくり”の創造はラディアにて行ってますので「なんかしっくりこないな~」とお悩みの方、ぜひご相談ください。(10/26)

体力の向上

体力を上げたい。運動を始める動機としてこのようなお声をよく聞きます。実はこの「体力」とは、大きくふたつの定義に分類されます。ひとつは「行動体力」と言いいわゆるスタミナとか、筋力がアップするとかよくイメージされる体力。もうひとつ「防衛体力」は、病気になりづらい、回復が早い、免疫がついたなどの所謂丈夫な体という状態を指します。
​つまり運動を始めて数か月、目に見えてプロポーションが変わったわけでは無くとも、「そういえば今年は風邪をひいてないな…」と思い当たるふしがあれば紛れもなく防衛体力の向上です。
​そして、末永く運動を続けるうえでは、この防衛体力を上げてゆくことこそ価値があるとも考えられます。
​特にラディアではご高齢の方々も多く、こうした情報をしっかりとお伝えして参ります。
​いつまでも皆さんの元気なお顔に会えますように!(10/25)

RADIA(ラディア)国立

【電話番号】
090-6005-8661

【住所】
〒186-0005
東京都国立市西2-11-78
国立ステップス1F

【営業時間】
9:00〜22:00

【定休日】
なし
(年末年始、メンテナンス日など除く)

ジム概要

モバイルサイト

RADIA国立スマホサイトQRコード

RADIA国立モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!